山近ちゃり5分

里山のふもとに暮らし、いろいろな遊びをする夫婦のブログ

2017-18 茨城CX#3 城里ステージ

ここで残留チケット取れないと完全に追い込まれる今大会。泥、雪、氷の路面に翻弄され、一時は残留圏外まで順位を落とすも、なんとかギリギリのところで踏みとどまって66%フィニッシュ!ようやくC1残留を決めました!!

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

年が明けても残留チケット1枚というピンチな状況だった今シーズン。なんとか年明けのシクロクロス千葉で残留チケット2枚目を獲得できたけど、それは砂浜ランのおかげ。更には今シーズンは後2戦しか出られないので今日は是が非でも残留チケットを獲得しないといけません。

会場は城里町ふれあいの里

運動公園とキャンプ施設が一緒になった場所。

コースは開けた広場のセクションと、林の中のシングルトラックがメイン。シングル区間は抜きどころも少なく、路面の変化にも富んでいてテクニカル。

路面は雪と氷と土のミックスで、昼にかけて路面が緩んで泥の様相。

ふれあいの里では名物セクションがあるらしく、それがこの階段とキャンバー

右のキャンバー区間が通称「悪魔の谷」、左の階段が通称「天空への階段」

 f:id:shiverchi-blog:20180130110837j:image

©️chi-

見るだけで辛そうやけど、階段なら勝負できるはず。

 

 今日のレースは昼の試走直後。
朝の試走からの待ち時間も少なく、準備等々であっという間に招集時間。
スタートループでは舗装路を駆け上がってシングルトラックに飛び込むのでここのダッシュは頑張らないと。
いよいよレーススタート。
最後列スタートから舗装路の駆け上がりで中盤まで順位回復。
ここからシングルトラックへ。
朝の試走の時にはまだ凍っていたけど、レースの時には溶けて泥に。
ラインを外すと雪が残っていて、そこを踏んでしまうと減速やスリップは避けられない。
ということでライントレースを慎重に。

f:id:shiverchi-blog:20180130142037j:image

©️chi-
シングルトラックなので抜かれはしないが、なかなかスムーズに走れず苦戦。
1周目のキャンバーセクションは無難にこなそうとしすぎて3、4人に抜かれてしまう。

f:id:shiverchi-blog:20180130141931j:image

©️chi-
本来MTBerならこういうテクニカルな部分で逃げたいが、全然山を走っていない今の自分には逆に不利な区間に。
階段で頑張って順位を取り戻すいつもの展開に。

f:id:shiverchi-blog:20180130142011j:image

©️chi-
順位は14、15位くらい。
コースサイドの奥さんカウントで残留は15位まで。
ギリギリオンラインなので是が非でも踏みとどまらなければ。
しかしシングルトラック部分の処理は相変わらずスムーズにいかず、泥と雪と氷がミックスした路面に苦戦して単独スリップするなど自滅。
16位まで後退してしまう。

f:id:shiverchi-blog:20180130142130j:image

©️chi-
でも、スタート時点で自分の居た最後列も8名いっぱいまで並んでいたような。
そうすれば残留は2/3なので16位まで可能。
絶対に16位は死守しつつ、15位まで戻さないと。

f:id:shiverchi-blog:20180130141836j:image

©️齋藤 高史
ラストラップに入った段階で16位。
奥さんから「あと1人抜いて!!」の声援を受けて全力で追走するも、やっぱりシングルトラック部分でジリジリと離される。
それどころか後ろの選手にジリジリ追い付かれる始末。
やばいと思いつつも、落車で致命傷を負うわけにいかないので慎重にもなりつつというギリギリの状況。

f:id:shiverchi-blog:20180130142425j:image

©️chi-
キャンバー区間に入るところで後ろにつかれて「悪魔の谷」でついに抜かれる。
17位転落だと100%残留の可能性はない。
ゴールラインまでに絶対抜き返すしかない。
「悪魔の谷」を抜けて、残すは「天空への階段」と少しのグラウンドセクション。
勝負をかけるのは階段しかない!
「天空への階段」を1段飛ばしで駆け上がる!!

f:id:shiverchi-blog:20180130142351j:image

©️chi-
階段で前をとらえてもう一度16位へ。
後はこのまま全力で逃げ切る。
振り返る余裕なんて一切なく、とにかく必死でゴールへ。
なんとか16位フィニッシュとなりました。

しかし、この時点では16位が残留ラインなのかどうなのかわからずモヤモヤ。
奥さんと、喜ぶでもなく悲しむでもない謎の空気に包まれる・・・

結果発表を掲示板で確認。

16位/24名

ここでまた一つ疑問が。
順位%って小数点以下の処理は切り捨てなんでしょうか?
16÷24=66.666・・・%
四捨五入だと67%になるので残留基準満たせないー!!
でも残留基準は2/3以内の順位との記載なので66.666・・・%も多分OK・・・

というわけでルールをしっかり見直して、順位%は小数点以下切り捨てを確認。
終結果も確認して66%フィニッシュが確定しました!

今期は転勤や住環境の関係等で練習が難しく、非常に苦戦を強いられ、年明け時点で残留チケットが1枚しかないときはどうなることかと思いましたが何とか今日の結果をもってC1残留を確定させることが出来ました。
正直、胸を張ってC1と言えるような走りからは程遠い状態ですが、残留できたからには地元に帰った来シーズンは関西シクロクロスで再起をかけたいなと思います。

 

次戦は今シーズンラストなシクロクロス東京。

輪行予定なので今日でレンタカー&首都高遠征もようやく終了。

 f:id:shiverchi-blog:20180130113059j:image

©️chi-

終わると思うと少し寂しいような気もしますけどね。

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
1/28 茨城シクロクロス第3戦 城里町ふれあいの里ステージC1
リザルト:16位/出走24名 66%
(11周回 54:29.08 +4:34.91 完走24名 フルラップ完走24名)
ウェア
アイウェア DOUBLE O Glasses GEAR Helium-RX
レンズ Out Reflect レンズ OR-WINTER
ウェア 朝ライド長袖ジャージ 朝ライドビブ(ウェイブワン)
インナー ファイントラックパワーメッシュ
シューズ S-WORKS XC
機材
バイク GIANT TCX Advanced PRO2 2016(ディーラー GIANT Store KYOTO SHIMEI)
タイヤF IRC SERAC CX TUBELESS 700×32c 1.8bar
タイヤR IRC SERAC CX TUBELESS X-Guard 700×32c 1.7bar
ホイール FORMOSA C5025(製作 TOM'S CRAFT)
ギア 46-36t
カセット11-28 11S
コーティング WAKO'Sバリアスコート